個人再生の相談ならまず専門家へ~効率的に手続きをする方法~

個人再生の相談ならまず専門家へ~効率的に手続きをする方法~

個人再生の相談ならまず専門家へ~効率的に手続きをする方法~

借金問題を解決したいと決意したときには、弁護士に電話やメールを使って問い合わせをすることや、法律相談をするための予約をすることができます。
弁護士に相談するときには、気になっている点や不安に思っていることを遠慮せずに質問することが大切です。
借金はデリケートな問題と言うことができるものですので、悩んでいることを全て話すことで専門家である弁護士が適切な方法を選択する手伝いをしてくれます。
借金を解決するための債務整理の方法には、個人再生というものがあります。
弁護士に個人再生についての相談を行うことで、弁護士のほうからそれぞれの債権者に対して、依頼を受けた受任通知を発送することになりますので、その時点で取り立てなどを止めることが可能です。
弁護士は相談を受けると債権の調査を行います。
債権の調査はそれぞれの債権者に対して、どれぐらいの債務が残っているのか確認する作業になります。
個人再生は裁判所を経由する手続きとなりますので、個人再生について申し立てをしてから裁判所に必要な書類の提出を行います。
個人再生の手続き開始の決定を受けてから、再生計画案を提出することになります。
再生計画案がそれぞれの債権者において同意が得らえたときには、個人再生が認められます。
個人再生について専門家に相談した場合であっても、債務の全てが帳消しになるような手続きというわけではありませんので、手続きが完了した後は再生計画で認められた計画に沿った形で返済していくことになります。